葉っぱとビバリウムとヤドクガエルとレオパを愛でています。
by rough67
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
カテゴリ
全体
Photo
Tank
Vivarium
Apistogramma
Wild Betta
Water Plants
Bucephalandra
Cryptocoryne
Homalomena
Goods
Plants
Biotop
Gecko
Book
Fishing
OFF Meeting
Event
Overseas
フォロー中のブログ
avenn road
J's photo
another .......
雑処 ~釜~
The small en...
水草の話
枝支部
f ACTORY STY...
スコレーの棲み家
LIFE+aq→
Cubic Aqua ...
agua journal
おいしい時間
Cool Line Aqua
ボゴール写真日記
A.P.A
Vanilla Sky
aquarium GREEN
葉ッパー
Enjoy!AquaLife
コケシノブログ
It's a small...
PlantsCade -...
熱帯雨部屋
Needless Label
aqu@raceae
わたなべのやりそうなことだ
Bucerium
クリプト懲りろ
loose aqua
Flyer→Back
AC外伝
癒やしの素。~イモからア...
Ferox Folium
道楽
Echino&aglao...
シダとイモ2
Link
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ:Vivarium( 10 )
Ranitomeya fantastica “True Nominal”

ども。。。

rough67です。
世の中はGW真っ只中ですねー
僕も10連休を頂きまして、毎日ハァハァしております。

さて、少し前の話になりますが
アズレウスに次ぐ新しいヤドクをお迎えしました♪
といってもタイトルに思いっきり書いてあるし
Twitterでも報告済みなので
何をお迎えしたのかはバレバレでしょうがw
d0004922_15323460.jpg
Ranitomeya fantastica “True Nominal”

そう、まさかのノミナ。
次はバンゾリーニお迎えするって周りに言いまくってたし
なんならアクアライフにまで書かれてますけどねw(笑
よき出会いがありましたので
お迎えさせて頂きました。
あ、次はバンゾリーニいきますょ。
d0004922_16162365.jpg
やばぃ。
d0004922_16163785.jpg
やばすぎます。
めっちゃ綺麗!

先日お邪魔させて頂いた久留米藩士さんのお宅でも
綺麗だなーとは思いましたが
実際飼ってみて改めて綺麗だと感じました。
あ、その忍者のごとき速さもw(笑
同じヤドクガエルでもアズレウスとは全然違うなー。
めちゃくちゃ面白い。

ノミナもいずれは繁殖させたいですが
まずはきちんと育てたいです。
そしてヤドクを始めて約半年が経過しましたので
現時点で感じた事や新たにわかった事などをまたBLOGで書いていきたいなと。
という事で近日中にまた「ヤドクガエルは敷居が高いのか?」シリーズを再開します。
たぶん。
きっと。



そしてこちらのお方もウチの環境に慣れてくれたようで
エサもよく食べるし元気いっぱいです。
d0004922_16552082.jpg

d0004922_16553472.jpg
名前の由来「玉尾」
いつかメスを…無理かなw(苦笑


最後に先日行ったお気軽登山写真。。。
d0004922_17252100.jpg

d0004922_1731516.jpg

d0004922_1732742.jpg

d0004922_1733874.jpg

d0004922_1734823.jpg
アウトドアも楽しいねー♪
またみんなで行ってワイワイしたいっす!
[PR]
by rough67 | 2016-05-04 17:18 | Vivarium
アクアライフに載りましてん。
ども。。。
rough67です。
そろそろじゃがいもの植え付け時期なので
今日は畑を耕しまくってきました。
暖かかったから超汗だく・・・w
本当ならサンタが耕運機持ってきてる予定だったので
全く計算外です。
来週or再来週の日曜日に植え付けますので
手伝える方は長靴持って集合ね。

あ、そうそう
2件ほどお知らせがありました。
まずこちら
d0004922_1621870.jpg
アクアライフ3月号にウチがほんのり載ってます。
久々の登場です・・・何年ぶりだろぅw
ビバリウムを紹介したいという事で取材を受けさせて頂きましたが
自作ケージ作る前だったからクソしょぼぃです。(笑
ショップや本屋さんへ行く機会がありましたら
ついでに見てやって下さい。


続いてこちら
d0004922_166109.jpg
最近、ビバリウムに興味深々の増岡ファームの増岡くんが
ついにケージまで作っちゃったようですw
ちょっと見させて頂きましたが、クオリティ高くてビックリ(笑
増岡くんは水草が大好きなので
水草の水上葉のみでビバリウムを作りたいと息巻いておりました。
実際キューバパールグラスの水上葉とか
水中同様這うように成長するので
ADAの石組レイアウトみたいなビバリウムができますもんね。
なんか楽しそうだ♪
ケージの方はブセファランドラメインのビバリウムで試運転中ですので
そのうち販売が開始されると思います。



さて、ウチの自作ケージ
ミスティングも無ければベンチレーションも無い
そしてまさかの排水まで無いという
素晴らしくシンプルな装備ですので、せめて排水だけは考えないとです。
d0004922_1623535.jpg
で、こんなもの付けてみました。
ね、シンプルでいいやね。
スリットから水が入るからここからホースで吸い出すのね。
実際、軽石敷いてやってみたけど
余裕で吸える。
とりあえず僕はこれで十分です。(笑


そしていよいよ植栽です。
今回は植物メインのビバリウムという事で
用土にも拘りまして
HEAT WAVE古賀さん拘りの用土「基本用土Type-1」を使って立ち上げてみます!
d0004922_1625324.jpg
お気に入りのスカダウブラウン(フェルギ)と基本用土Type-1
この土めっちゃフカフカしてて、栄養満点感がハンパなぃな。(笑

d0004922_163133.jpg
葉っぱがやばぃ事になってますね。
かっこよすぎw
d0004922_1632297.jpg
で、実際植えてみた。
量増しするのに赤玉混ぜ込んでます。
これがランナーで増えてわしゃわしゃになったら・・・
イメージしただけで鼻血出そうです。(笑
d0004922_1634430.jpg
他にもこんなのや
d0004922_1644726.jpg
こんなのとかを植え込みまして
d0004922_1653522.jpg
ちょっとずつ賑やかになってきました♪
まだこのケージでやりたい事が他にもあるので
次はそちらに手を付けていこうと思います^^


d0004922_1655777.jpg
カエルは好きらしい。


ひっさびさにブログ村復活させました。
もし宜しければぽちっとお願いします^^


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by rough67 | 2016-02-13 18:50 | Vivarium
悪天候の冬山登山はただの罰ゲームだょw
どうも。。。
rough67です。

今週末は久々に登山でもなんて盛り上がってましたが
天気予報も雨マークですし情報ではあちこち凍結しているとの事でしたので
延期としました。
悪天候で強行してもいい事ないしね。
また日を改めて計画しよぅ。

さて、本日もビバリウムネタです。(笑
自作のケージが完成してすっかりテンションが上がってしまったのか
「せっかくだから背面や側面にペタペタする土も自分で作ってみよう♪」なんて思ってしまいまして
d0004922_21573157.jpg
こんなモノを準備してみました。
■ケト土
■荒木田土
■ヤシガラマット
■モデリングソイル(頂き物)
■ミズゴケ(写ってないw)

で、早速作業開始w
ケト土と荒木田土を混ぜ込んだところに水で戻したヤシガラマットを加え
更に頂き物のモデリングソイルも混ぜ込んでみました。
d0004922_22131794.jpg
おぉ・・・土だ。(笑
このままでは崩れそうなので「つなぎ」として
乾燥したままのミズゴケを少しづつ加えてながら更に混ぜ込んでいきます。
土壁でいう藁の役目と同じですね。
ミズゴケを加えながら混ぜ込んでいくと
徐々に「もったり」してきて粘りが出てきますので
ある程度粘りが出るまでミズゴケ追加→混ぜ込みを繰り返し
手首が腱鞘炎になりかけたら完成ですw

d0004922_22342671.jpg
で、早速ペタペタしてみる。。。
ケージの壁面に土を貼る際は、貼る面を下にして作業すると崩れずにガッチリ貼れます。
・・・当たり前かw(笑
自作の土も感触としてはなかなか良い感じです。
とは言え、やっぱり自作の土は心配です・・・
ビバリウムをガッツリ立ち上げた後で崩れちゃったりしたら
ショックで自分も崩れちゃいそうなので、事前にチェックしまくります。
d0004922_22361857.jpg
画像のように底面に水を張ってから密閉して、
超高湿度を保ったまま数日間放置。
たまに霧吹きしたりなんかしてイジワル的にチェックしました。
d0004922_23124374.jpg
横型の方も同様にチェック!!!


・・・結果は・・・
特に崩れたりはしませんでしたー!
これからなんとか使えそうです♪
まあ今後使ってて崩れちゃったらしょうがない。
その時は超造形君買ってやり直しますw(笑
そしてこの土を薄ーく貼っただけの状態では
立体感とか奥行き感とか一切出せませんので
ここから更にEpiwebや筒状のコルクなんかをうまく組み合わせて
立体的にしていけたらいいなーと思ってます。
※誰かEpiweb支給して下さい。(笑


d0004922_23172883.jpg
親方めっちゃ綺麗♪
レオパも相変わらず可愛いです。
…オニタマ飼いたい。


ひっさびさにブログ村復活させました。
もし宜しければぽちっとお願いします^^


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by rough67 | 2016-02-08 23:31 | Vivarium
ビバリウムケージを作ってみたょ -Vol.2-
ども。。。
rough67です。

このBLOGの出だしって毎回迷うんだよねーw
結構う~んってなる。
書き出しがスムーズだとそこから先もすらすら書ける気がするので
なんか定番ぽぃの欲しいなー。
「まいどどうもほんだしです」みたいなやつ
双子さん考えといて。

さて
自作ビバリウムケージの続きですが
前回紹介するのを忘れていた道具がありましたので
ここで紹介させて頂きます。

■工作用のノコギリ■
d0004922_20492388.jpg
刃の細かい工作用のノコギリなんですが
コイツが超優秀で、アルミのレールやアングルもさくさく切れます。
d0004922_20493394.jpg
ほんと使い勝手良いので重宝してます。


■カッター■
d0004922_20494415.jpg
はみ出した接着剤やコーキング剤を除去する際に使いますので
カッターも切れ味の良いものを準備しておいた方がいいです。


■座布団■
d0004922_20495727.jpg
いや、別に無くてもいいんだけどねw
ガラスの保護しながら回転させたりできるので非常に役立ちましたw(笑




さて、それではいよいよ実際の製作工程ですが
写真が少ないのでさらっと終わりますw(笑

① 水槽を手前に倒した状態でケージ前面下部に使うガラス板を水槽に接着する。
d0004922_20502278.jpg
こんな感じですね。
しっかり接着する為に、ビビらず「ぶにゅっ」と
はみ出すぐらいに接着剤を塗布しましょう。
はみ出した余分な接着剤は、固まった後にカッターでそぎ落とせますので
安心してぶにゅって下さい。
d0004922_20503434.jpg
固まるまでクランプでしっかり固定しておきましょう。
※固まったらはみ出した接着剤をカッターでそぎ落としてね。


② アルミレール上下をカット&接着する。
①工程で水槽に接着したガラス板の上面と水槽の天板ガラスの下面に
アルミレールを接着します。
そんなに力が加わる場所ではないので、接着剤の量もほどほどで大丈夫です。
これは写真無いけど分かるよねw
また、この工程でレール部分が付きますので
前面スライドガラス部分の寸法が採寸できます。
きっちり測ってから準備すれば失敗しないはず!(笑


③ 水槽前面両サイド部にアルミアングルをカット&接着する
d0004922_21373160.jpg
こんな感じで両サイドにアルミのアングルを接着するだけで
あっという間にADA感が出て
スタイリッシュ度が超絶UPします。(笑
ここも接着剤ほどほどでOK。


④ ガラス板の内側(水が溜まる部分)をコーキングする。
これは①工程が完了した時点で出来る作業なので
アルミパーツを接着する前にコーキングしてしまっても全然OKです。
コーキングの方法(詳細)については各自ググりましょう。(笑
d0004922_2275713.jpg
コーキング剤はベタベタしているので修正するのが難しいです。
触れば触るほど汚らしくなってしまうので
失敗したなーと思ったら乾いてからカッターで綺麗に落として
やり直した方が良いと思います。
修正しようとしてイジくると大概余計にひどくなるょw
まあ多少汚くても水が漏れなきゃいいんだけどね、どうせ見えないし。


⑤ 水漏れチェック
コーキングが完了したらきっちり乾かしてから水漏れのチェックを行います。
d0004922_21542129.jpg
コーキング剤が乾いたら実際に水を張って水漏れがないかチェックします。
ものすごぉーく地味ぃーに漏れる場合がありますので
少しづつ水量を増やしながら半日以上は様子をみた方がいいと思います。


⑥ 前面のスライドガラスをはめる
まあそのまんまっす。(笑
カットしてもらうサイズを間違えないように気を付けるぐらいかなw


⑦ 魂を注入する
d0004922_2293551.jpg
オーラが出ます。(笑


d0004922_2214110.jpg
完成っ!!
えーと、ケージ製作工程としては以上となります。
非常にシンプルで簡単な作業工程だとは思いますが
自作にトラブルはつきものですので
チャレンジする場合は自己責任でお願いします。
また、今回製作したケージはアルミメッシュ等を用いた
ベンチレーション機能がありませんので湿度は確保できますが
その反面、必ず蒸れます。
その点も十分ご注意頂ければと思います。


d0004922_22184560.jpg
アズレウス可愛すぎる♪



ひっさびさにブログ村復活させました。
もし宜しければぽちっとお願いします^^


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by rough67 | 2016-02-04 22:39 | Vivarium
ビバリウムケージを作ってみたょ -Vol.1-
うぃっす。
rough67です。
関東はまた雪が降るかもなんて言ってますねw
修造さん何やってんだ。。。

さて、先日の記事でもちょろっと出しましたが
葉っぱメインに使おうと思っている
ビバリウム用のケージを自作してみたので
また数回に分けて記事を書いてみようと思います。
まあケージを自作したと言っても
オールガラスの水槽を利用したモノですし
アルミメッシュや排水穴等もありませんので
ほんとに大した事やってないんですw(笑


まずはじめにケージの製作に必要な材料や道具などを紹介します。

■水槽■
これは自分が作りたいと思うサイズのものを準備して頂ければよいと思います。
もちろん新品でも中古でもOKです。


■ケージ前面下部に使うガラス板■
用土のところですね、幅は使う水槽の内寸より少しマイナス気味に。
接着やコーキングを行うので結構マイナスしててもなんとかなります。
大きいとはまらないのでそこだけは注意w(笑
高さは入れられる軽石や用土の厚みを考えて設定します。
自分は85mmで設定しました。
そしてガラスの厚みに関しては、アルミレールを設置しやすそうという理由で
8mmという厚めのガラスを使ってみました。


■前面スライド用のガラス板■
3mm厚のものが2枚必要になりますが、サイズはケージが完成してから
採寸してカットしてもらうのが良いと思います。


■アルミレール上下用■
前面のスライドガラスをはめるアルミのレールです。
上用と下用があるので、両方準備します。
d0004922_22482766.jpg

d0004922_22483810.jpg
上用
d0004922_22491392.jpg

d0004922_22492428.jpg
下用


■アルミアングル■
装備するとあっという間にADAちっくになる魔法のアイテムですw(笑
ケージ両サイドに貼っておしゃれ度をUPさせます。
d0004922_22511679.jpg

d0004922_2251299.jpg
12mmを使用します。


■接着剤/コーキング剤■
まあこれは色んな種類が出ていますので自分で調べて頂ければと思いますが
普通にホームセンターなどで入手できる
ガラスに使える透明な接着剤を探すと良いと思います。
d0004922_2256596.jpg
こんなのとか。

【2/5追記】
「水槽 接着」で検索すると出てくるコチラがとにかくオススメです。
なんせ専用だし。(笑
動画もあるのでチェックしてみて下さい♪


コーキング剤も調べると色んな種類がありますが
よく分からないという方は少し割高ではありますが
バスコークがおすすめです。
d0004922_23364.jpg
パッケージに水槽用ってちゃんと書いてくれてますし
防カビ剤も入っていないので生体にも安心です。


■クランプ■
これは接着剤が固まるまでの間、固定する為に使ったりします。
しっかり接着させる為にもあった方がいいと思います。
d0004922_23232021.jpg
ホームセンターの木材コーナーなんかで普通に売ってます。


ケージ製作に必要な材料や道具は以上です。
確かw
まあ足らなかったら後で付け足します。(笑
ちなみに上記のガラス板はネットでもオーダーできますので
近くにガラス屋さんが無い場合はそちらを利用するのが良いと思います。
株式会社コーワさんとかおすすめです。

次回は製作工程を説明しようと思いますが
超あっさり終わる気がします。(笑

d0004922_2346851.jpg
良い葉っぱだっ♪


ひっさびさにブログ村復活させました。
もし宜しければぽちっとお願いします^^


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by rough67 | 2016-01-29 23:52 | Vivarium
第四回 ヤドクガエルは敷居が高いのか?
いつもありがとうございます。
rough67です。
今日は雪の予報だったのですが、結局降らなかったですね。
完全にオレのお陰だなw

さて
過去三回にわたって「ヤドクガエルは敷居が高いのか?」について
書いてみましたが、結局のところどうだったんでしょう?
ハエの培養については、大多数の方が思った程でもなさそうだと
感じて頂けたのではないかな?と思っていますので
ハードルとして立ちはだかるのは
「カエル自体が高価である」という事と
「環境を整える為にエアコン管理が必須」ってとこですかね。

やっぱり敷居高いなーwと感じた方もいるでしょうが
思ってたよりいけそうだなと感じた方も多いのではないでしょうか?

ちなみに敢えて取り上げませんでしたが
ミスティングシステムは無くても問題ありませんので。
もちろんシステムを組めば自動で同じ時間に同じ量をミスティングできて
環境もより安定するとは思いますけどね。。。
とりあえずは自分で霧吹きすればOKですもん。(笑
ビバリウムにどハマりして、ケージが増えまくってしまったりしたら
その時に導入を検討すればいいと思います。

なーんてw
貧乏でミスティングシステム組めなかったヤツの戯言ですね。(笑
でもほんと、ここは努力でカバーできます。
さっき知らない人から4億9千5百万円くれるってメールが来たので、
もし貰えたらシステム組もう。

あとケージについては
やっぱりヤドクガエルの飼育を想定して作られたケージを選んだ方が良いと思います。
例えばエーハイムのレプタイルケージなんかですと
アルミメッシュ部分の穴が大きいので、ショウジョウバエが脱走してしまいます。
ヤドク用に考えられたケージはハエが逃げないよう
予め細かいメーシュになっていますので。
似てるけどやっぱり違うんですね^^

そんな訳でケージはやっぱりHEAT WAVEがオススメっ!
少々高価ですが古賀さん拘りまくりのケージは本当にクオリティが高いです。
ケージからオーラが出てますよw(笑

そして最後にですね。。。
今さらですけど、ヤドクガエルの魅力って
その派手な色彩だけではなくて
ケージ内で繁殖が楽しめるってところも大きいのではないかと思うんです。
生態も普通のカエルとは全然違いますしねー。

【生態】

低地の熱帯雨林から高山の雲霧林等に分布する。

食性は動物食で昆虫類、節足動物等を食べる。

また、同じヤドクガエル科でも、種類によって繁殖形態が多様化しているのも特徴である。
ふつうのカエルのように水たまり、沼、川などに産卵するものもいるが、樹洞や着生植物の葉の間などのわずかな水場に産卵するものもいる。
このような狭い水環境では幼生(オタマジャクシ)の食べる餌にも事欠いてしまうが、幼生が餌を摂らずにカエルまで成長するもの、メスが産む無精卵を食べて成長するもの、親が卵や幼生を背負って適した水場まで移動するものなど、幼生を成長させるための様々な適応が見られる。

Wikipedia引用


d0004922_0165791.jpg
これ、親ガエルがオタマ背負って水場に移動させてるトコ。
この画像もとよりなさんが送ってくれました。
やばくない?
こういうの超見たいんですけどw(笑
そしてうまく繁殖させられたらすげぇ嬉しいよ絶対。
d0004922_0521477.jpg

d0004922_052247.jpg
こんな事になったら超ハァハァしちゃうよね。(笑


まあそういう事で
敷居が高いと思われがちなヤドクガエルのイメージですが
実際飼ってみたらそれほどでもなかったょ?というのが
少しでも伝わってくれたら嬉しいです。(笑

ヤドクガエルは敷居が高いのか?はこれにて終了。
色々と食いついてくれて楽しかったです♪
ありがとうございました^^



あ、そうそう
ツイッターでは画像出しましたが
葉っぱメインのビバリウム製作始動しました♪
d0004922_164114.jpg
中古水槽使ってケージから手作りしてます。
d0004922_165460.jpg
ネイチャーアクアリウムならぬネイチャービバリウムを提唱します。(笑
NAではなくNVですw
ゆくゆくはネイチャービバリウムコンテストを開催します。(ほんだしさんが)

そんな事ができたら楽しそうだな。(笑

d0004922_17882.jpg
次はこっち系のネタを書いていこうと思います。


ひっさびさにブログ村復活させました。
もし宜しければぽちっとお願いします^^


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by rough67 | 2016-01-24 01:21 | Vivarium
第三回 ヤドクガエルは敷居が高いのか?
どもw
rough67です。
僕が2日連続でBLOGを更新したせいで
中京圏の天気が大荒れしてしまったようで
本当に申し訳w(笑
んなわけねーだろ。

さて
前回ヤドクガエルのエサ、ショウジョウバエについて
ざっくり書かせて頂きましたが
今日は実際どんな感じでキープしてるのかを
写真付きで軽ーく紹介しようと思います。

まず当たり前ですがショウジョウバエを培養する為の容器が必要です。
d0004922_20445269.jpg
こういった育成ボトルが一般的ですかね。
d0004922_2045293.jpg
キャップの部分はスポンジなのでハエを逃がす事はありません。
d0004922_20451323.jpg
それからプラコンカップと呼ばれている大容量のカップ。
d0004922_20452346.jpg
こちらは蓋がパンチングになっていて、そこに不織布が貼ってあるので
ハエが酸欠になる事もなく、また脱走する事もありません。
大きいので大量のハエをキープできます。

d0004922_2045339.jpg
ウチはヤドクガエルが2匹しかいませんので
小さい育成ボトルで十分なのですが、ハエを殖やすのが楽しくて
このプラコンで無駄に大量キープしています。
d0004922_205634100.jpg
こんな感じでw(笑
(他にもまだある)

このカップの他、ハエの培養に必要となるのが
ハエのエサと産卵床両方の役割を果たす培地と、ハエの足場となるウッドパッキンというものになります。
培地もSHOPオリジナルやマッシュポテトなどを使った自作レシピ等
検索すると色々ヒットしますが
とにかくオススメなのはこちら
d0004922_215036.jpg
REPASHY SUPERFOODS SUPERFLY
ヤドクマニアの方々、みなさん口を揃えて言ってます。
「培地はレパシーが最強」
とにかくコレ使えば間違いないっす。(笑

d0004922_2122797.jpg
ヤドク師匠のとよりなさんもくっそでけぇの使ってますw
流石やwww
ついでにしれっとHEAT WAVEのキーホルダーを自慢するあたりも流石やw(笑
いやまあサイズ比較の為に置いてくれたのは解ってますけどね...
いいなーめっちゃ欲しい。


あ、あと一応念のため・・・
d0004922_21153185.jpg
こっちのスーパーフライはショウジョウバエには全く使えませんのでw




えーとw
次はハエの足場となるウッドパッキンですね。
d0004922_2126967.jpg

d0004922_21262017.jpg
こんな感じで木が細ーくカットされたもので
これをもしゃもしゃっとカップに入れて
ハエの足場にする訳です。
ウッドパッキンの他、ダンボールなんかを細くカットして使ってる人もいるようですが
溶けたりして使いづらいみたいです。
自分はウッドパッキンしか使った事ないですね。。。

さてさて
ショウジョウバエを培養する為に必要なアイテムは以上です。
あとはハエがいればおk。


【セッティング方法】
容器にスーパーフライと熱湯を入れる。
(スーパーフライ:1に対して熱湯:2.5)
冷めたらウッドパッキン入れてハエ入れる。


d0004922_21495081.jpg
これだけっすw(笑
この状態で1~2週間飼育すると
培地に卵が産みつけられるので、また新しいカップをセッティングして
親ハエをそちらに移す。
卵が孵って成長してハエになる→新しいカップにハエを移して卵産ませる→卵が孵って...
みたいなサイクルを回して、キープしながらエサとして与える感じです。
文章にするとめんどくさそうですが
実際やってみると全くそんな事ありませんし、
ウチのように大量にキープしておけば
サイクルの回し方も超適当で大丈夫ですw(笑

ただし!!!
ひとつだけ注意しなければならない事があります。
それはハエにも適正温度があるという事。
要は寒かったり暑かったりすると産卵しなくなっちゃうんですよね。
そうなると思い通りにサイクルも回せず
エサの安定的な確保も難しくなります。
なので部屋ごとエアコン管理がいいのですっ!
温度が安定していればエサであるハエのサイクルも安定しますし
ヤドクガエルの環境も安定します。
温度管理の大切さはエサにまで及ぶんですねー
やっぱエアコン必要だわーって思いませんか?
僕はMUSTだと思います。

d0004922_21505268.jpg
ヤドク飼いたいけどエサがなーって人は
とにかくまずショウジョウバエの培養を体験してみる事をオススメします。


ハエやプラコン、ウッドパッキンなどご入用の際は
SpringTailsさんがオススメです♪

という事で「第三回 ヤドクガエルは敷居が高いのか?」のまとめは

培地はスーパーフライがいいらしいょ♪
エサの安定にもやっぱりエアコン管理っ!




約束通り、今日も最後にヤドク画像を何枚か貼っておきますね♪
d0004922_22154378.jpg
このネオレゲリアとのコンビネーションもやばぃですよねw
ヤドクといえばブロメリアみたいな。
萌えますねー♪
d0004922_22155390.jpg
何このつぶらな瞳www
d0004922_22184722.jpg
サマージ様
d0004922_2219674.jpg
たまらんねw
d0004922_22191340.jpg
ラマシー様
こちらもいつか必ず飼いたいと思ってる憧れのヤドクです。


ひっさびさにブログ村復活させました。
もし宜しければぽちっとお願いします^^


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by rough67 | 2016-01-20 22:50 | Vivarium
第二回 ヤドクガエルは敷居が高いのか?
どもども。。。
rough67です。
連日の更新・・・たぶんまた天気大荒れしますねごめんなさいw(笑

昨日はヤドクガエルを飼ってみたいと思った時に
まずハードルとして立ちはだかる「温度管理の問題」と「エサの問題」の
温度管理の問題について自分の思うところを書きましたので
今日はエサの問題について書いてみようと思います。

まずヤドクガエルのエサって何なのよ?ってところからですが
一般的に常用されている一番スタンダードなエサは
「ショウジョウバエ」と言われる小型のハエです。
えぇ、コバエですw(笑
そのコバエを大切に大切に育てて繁殖させてヤドクガエルのエサにする訳です。
カエル飼う為にエサのハエも飼わなきゃいけないの?
え? 自分で殖やして維持すんの??
テトラミンみたいにパラパラして終わりーみたいなエサは無いの???

と、大体の方がここで躊躇しますよねー。
自分もまさにそんな感じでした。
ヤドク飼いたいけどエサがなー・・・ハエの管理とかめんどくさそうだしwww
カエル飼ってるんだかハエ飼ってるんだか分からないよな。
みたいなね。

でも実際やってみたらですね。。。
これがほんとに全然たいしたことないんですよ。
管理めっちゃ楽。
いやほんとに。
マジで。
もしかしたら昔は色々と大変だったのかもしれませんが
今はハエの育成方法や使うアイテムが進化しているので
ものすごく楽です。
しかもですね・・・コスパもはんぱなぃです。
自分の場合、ヤドクをお迎えする前に種親として買ったハエを
いまでも累代繁殖できているので
投資したのは数百円くらいです。(笑
生き餌を定期的に買わなきゃいけない大型魚や爬虫類に比べたら
なんてコスパの良いエサなんだと思いましたょ。
d0004922_20445379.jpg

d0004922_20513897.jpg
ちなみにこれが最初に買ったショウジョウバエ(トリニド)


ではそのショウジョウバエにについてもう少し詳しく書いてみます。
現在流通しているショウジョウバエには
「キイロショウジョウバエ」と「トリニドショウジョウバエ」の2種類がいます。
一番大きな違いはハエのサイズで
キイロショウジョウバエは体長2mmほどにしかなりませんので
小型のヤドクや中・大型の幼体へのエサとして適しています。
それに対しトリニドショウジョウバエは体長が3mmほどになり体格も良いので
中型以上のヤドクのエサとして使われます。
ウチは現在、中型のヤドクを飼育しているのでトリニドの方を維持していますが
次は小型をお迎えしたいと思っているので
先日zinさんにキイロを譲って頂きました。
どちらも飼育・繁殖/管理方法は同じですので
飼うヤドクのサイズでキープするハエが決まるという感じですね。
その他、キイロとトリニドで繁殖のサイクルが違う等ありますが
そこは割愛しますので、もし気になる方がいらっしゃいましたら
各自ググって下さい。(笑
あ、ちなみにどちらのハエもフライトレスと言って
飛べないように改良されたハエとなっていますので
蓋を空けたら全部飛んで逃げるとかもないですよーw(笑

という事で「第二回 ヤドクガエルは敷居が高いのか?」のまとめは

エサのハードル高そうっていうのは完全に先入観
むしろ楽すぎて拍子抜けするょ?(笑



次回はハエの飼育方法と飼育に使うアイテムについて書きたいと思います。


と、ここで終わりなのもアレなんで
素敵なヤドクガエルの写真を貼っておきます。
d0004922_2162537.jpg

d0004922_2163565.jpg
2枚ともアズレウスですが
スポットの大きさなど個体差があって面白いですねー♪


d0004922_2125873.jpg
バリアビリス サザン
めっちゃ可愛いw
d0004922_21252243.jpg

d0004922_21253164.jpg

d0004922_21254044.jpg
好きすぎるからいっぱい貼っちゃう。(笑
d0004922_21255689.jpg

d0004922_2126466.jpg
最後の2枚は背中にオタマをおんぶしてますね。
こういうの見てみたいっ!

このヤドクガエルの写真は全て
ヤドクの師匠とよりなさんが飼っているヤドクです。
素敵すぎるので是非BLOGで使わせて下さいとお願いして画像をお借りしました。
いつか自分の家でも同じような光景が見れたらいいなー。
とよりなさんには他にも画像をお借りしていますので
また次回も貼らせて頂きます。
めっちゃやばぃからお楽しみに♪


ひっさびさにブログ村復活させました。
もし宜しければぽちっとお願いします^^


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by rough67 | 2016-01-20 08:00 | Vivarium
第一回 ヤドクガエルは敷居が高いのか?
ども。。。
rough67です。
今年はビバリウムネタがたくさんあるはずなので
BLOGの更新が増えそうです!
※当社比

昨年末から始めたヤドクガエルの飼育について
自分が始める際に思った事や、実際に始めてみて感じた事などを
数回に渡って書いてみようと思います。
ヤドク飼ってみたいけど難しそう…実際どうなのよ?なんて思ってる方の
少しでもお役に立てれば幸いです。

d0004922_0345236.jpg


さて
ヤドクガエルを飼ってみたいと思った時に
まずハードルとして立ちはだかるのが温度管理の問題とエサの問題だと思います。
温度管理の問題については、環境の違う国で飼育する以上避けては通れない問題ですし
ヤドクガエルが快適に生活できる温度環境を準備するというのが最低限の飼育条件だと思います。
まあそれはどんな生き物や植物でも同じですよねw
飼育環境が整えられていないのに、ただ欲しいからと手を出して
予想通り失敗している方を見かけると、本当に悲しくなります。
しかもそういう方に限って
「金出して自分のモノになったんだからどう扱おうが勝手だろ」
みたいな感じで開き直るんですよね。
・・・お前ぶっ飛ばすょ?って本気で思います。(笑

多少話が逸れましたが、温度管理の問題について
ウチは部屋ごとエアコン管理する事で
そのハードルをクリアしました。
というか、ヤドクを飼う事において
一番高いハードルはここだと思います。
カエルの為にエアコン付けっぱなしなんて、家族の同意を得るの大変ですよねw
「電気代いくら掛かると思ってるんだ!?」って話ですよ。
まあでもね、そこですよ。
そこさえクリアできればもう高いハードルなんてありません。
あ、ヤドク自体は高いですけどね...ちっさいくせにw(笑
冬場はエアコン以外の加温方法でもなんとかなると思いますが
夏場はエアコン必須でしょうからね。。。

という事で「第一回 ヤドクガエルは敷居が高いのか?」をまとめますと

ヤドクガエルを飼育するにはエアコン管理が望ましい。
というか夏場はMUST



...いきなりエアコン管理MUSTとか・・・やっぱ敷居高いよなw(笑

d0004922_03534.jpg


そうそう、「敷居が高い」という言葉の意味
実は「相手に不義理などをしてしまい、行きにくい」というのが本来の意味で
「高級すぎたり上品すぎたりして入りにくい」というような
使われ方は間違いなんだそうです。
と言われましても、間違った使い方が常用されすぎて
既に意味がすり替わってしまっているので
ヤドク飼育は敷居が高いぜっ!って言ってやりますけどね。(笑
[PR]
by rough67 | 2016-01-19 07:30 | Vivarium
殻付き落花生が美味くて止まらないw
ども。
12連休中のrough67です。
連休2日目にして早くもダメ人間化完了です。
いつにも増してハイペースw

放置していたBLOGも2015年の総括を・・・なんて書きだしてみたものの
ネタがありすぎてワナワナしてます。

早速昨日の続き。。。
ヒョウモントカゲモドキ、オフ会ときて
2015年3つめのキーワードは「Heat Wave」です。
もうHeat Waveって書くだけで大体の人が「あぁ・・・」ってなると思いますが。(笑
まんま「ヤドクガエル」って書くよりいいかなと。
だって古賀さんの後押しあっての事だしね。
そんな訳で新しいジャンルへの挑戦はヒョウモントカゲモドキだけじゃなく
長年憧れてきたヤドクガエルにも手を出してしまったのでありました。

d0004922_16304337.jpg
今年も有難い事に11月に九州出張がありまして
Heat Waveにもお邪魔する事ができました。
以前お邪魔したのが2014年の5月なので1年半ぶりです。
外観はあまり変わってないように見えますが
看板が新しくなってます♪
で、店内の方は・・・
d0004922_1637570.jpg
めちゃくちゃパワーアップしてましたw(笑
d0004922_16371423.jpg
ケージ増えまくりwww
d0004922_16372244.jpg
そして発売したばかりのケージも展示してありましたのでじっくり観察♪
古賀さんに色々アドバイス頂き、W300×D300×H450のケージを購入させて頂きました。

その後は...
d0004922_1756798.jpg
これが
d0004922_17585371.jpg
こうなって
d0004922_18076.jpg
こうじゃ

からの
d0004922_18165468.jpg
どんっ!!!
はじめてのヤドクガエルはコバルトヤドクガエルことアズレウスにしました。
他にも飼いたいモルフはいっぱいありますが
まずはアズレウスがいいかなと。
ある程度大きくなるし物怖じしない性格で観察しやすいってのも
はじめてのヤドクとして選んだ大きな理由です。
やっぱり飼うからにはたくさん観察したいですもんね。(笑

お迎えしてからまだ1週間しか経っていませんので
毎日ビクビクしながらケージを覗いていますが
一応元気にしてくれているようです^^;
まだ1本ケージが空いていますので、次は小型種をお迎えしたいと思います♪
また今回アズレウスをお迎えするにあたり
とよりなさんとスプリングテイルズ和田さんには大変お世話になりました。
心より感謝申し上げますw(笑
これからもアドバイスをお願いします^^


というわけで、2015年は自分にとってかなりチャレンジした年だったなーと思います。
まあ長年やりたいと思ってた事がたまたま一気に始まっただけかもですがw(笑
で、本当ならここで2015年のBLOGを締める所なんでしょうが
実はまだネタが残ってるのでもうちょぃお付き合い下さい。(笑
ではではw
[PR]
by rough67 | 2015-12-26 18:52 | Vivarium