葉っぱとビバリウムとヤドクガエルとレオパを愛でています。
by rough67
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
カテゴリ
全体
Photo
Tank
Vivarium
Apistogramma
Wild Betta
Water Plants
Bucephalandra
Cryptocoryne
Homalomena
Goods
Plants
Biotop
Gecko
Book
Fishing
OFF Meeting
Event
Overseas
フォロー中のブログ
avenn road
J's photo
another .......
雑処 ~釜~
The small en...
水草の話
枝支部
f ACTORY STY...
スコレーの棲み家
LIFE+aq→
Cubic Aqua ...
agua journal
おいしい時間
Cool Line Aqua
ボゴール写真日記
A.P.A
Vanilla Sky
aquarium GREEN
葉ッパー
Enjoy!AquaLife
コケシノブログ
It's a small...
PlantsCade -...
熱帯雨部屋
Needless Label
aqu@raceae
わたなべのやりそうなことだ
Bucerium
クリプト懲りろ
loose aqua
Flyer→Back
AC外伝
癒やしの素。~イモからア...
Ferox Folium
道楽
Echino&aglao...
シダとイモ2
Link
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
more...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
第三回 ヤドクガエルは敷居が高いのか?
どもw
rough67です。
僕が2日連続でBLOGを更新したせいで
中京圏の天気が大荒れしてしまったようで
本当に申し訳w(笑
んなわけねーだろ。

さて
前回ヤドクガエルのエサ、ショウジョウバエについて
ざっくり書かせて頂きましたが
今日は実際どんな感じでキープしてるのかを
写真付きで軽ーく紹介しようと思います。

まず当たり前ですがショウジョウバエを培養する為の容器が必要です。
d0004922_20445269.jpg
こういった育成ボトルが一般的ですかね。
d0004922_2045293.jpg
キャップの部分はスポンジなのでハエを逃がす事はありません。
d0004922_20451323.jpg
それからプラコンカップと呼ばれている大容量のカップ。
d0004922_20452346.jpg
こちらは蓋がパンチングになっていて、そこに不織布が貼ってあるので
ハエが酸欠になる事もなく、また脱走する事もありません。
大きいので大量のハエをキープできます。

d0004922_2045339.jpg
ウチはヤドクガエルが2匹しかいませんので
小さい育成ボトルで十分なのですが、ハエを殖やすのが楽しくて
このプラコンで無駄に大量キープしています。
d0004922_205634100.jpg
こんな感じでw(笑
(他にもまだある)

このカップの他、ハエの培養に必要となるのが
ハエのエサと産卵床両方の役割を果たす培地と、ハエの足場となるウッドパッキンというものになります。
培地もSHOPオリジナルやマッシュポテトなどを使った自作レシピ等
検索すると色々ヒットしますが
とにかくオススメなのはこちら
d0004922_215036.jpg
REPASHY SUPERFOODS SUPERFLY
ヤドクマニアの方々、みなさん口を揃えて言ってます。
「培地はレパシーが最強」
とにかくコレ使えば間違いないっす。(笑

d0004922_2122797.jpg
ヤドク師匠のとよりなさんもくっそでけぇの使ってますw
流石やwww
ついでにしれっとHEAT WAVEのキーホルダーを自慢するあたりも流石やw(笑
いやまあサイズ比較の為に置いてくれたのは解ってますけどね...
いいなーめっちゃ欲しい。


あ、あと一応念のため・・・
d0004922_21153185.jpg
こっちのスーパーフライはショウジョウバエには全く使えませんのでw




えーとw
次はハエの足場となるウッドパッキンですね。
d0004922_2126967.jpg

d0004922_21262017.jpg
こんな感じで木が細ーくカットされたもので
これをもしゃもしゃっとカップに入れて
ハエの足場にする訳です。
ウッドパッキンの他、ダンボールなんかを細くカットして使ってる人もいるようですが
溶けたりして使いづらいみたいです。
自分はウッドパッキンしか使った事ないですね。。。

さてさて
ショウジョウバエを培養する為に必要なアイテムは以上です。
あとはハエがいればおk。


【セッティング方法】
容器にスーパーフライと熱湯を入れる。
(スーパーフライ:1に対して熱湯:2.5)
冷めたらウッドパッキン入れてハエ入れる。


d0004922_21495081.jpg
これだけっすw(笑
この状態で1~2週間飼育すると
培地に卵が産みつけられるので、また新しいカップをセッティングして
親ハエをそちらに移す。
卵が孵って成長してハエになる→新しいカップにハエを移して卵産ませる→卵が孵って...
みたいなサイクルを回して、キープしながらエサとして与える感じです。
文章にするとめんどくさそうですが
実際やってみると全くそんな事ありませんし、
ウチのように大量にキープしておけば
サイクルの回し方も超適当で大丈夫ですw(笑

ただし!!!
ひとつだけ注意しなければならない事があります。
それはハエにも適正温度があるという事。
要は寒かったり暑かったりすると産卵しなくなっちゃうんですよね。
そうなると思い通りにサイクルも回せず
エサの安定的な確保も難しくなります。
なので部屋ごとエアコン管理がいいのですっ!
温度が安定していればエサであるハエのサイクルも安定しますし
ヤドクガエルの環境も安定します。
温度管理の大切さはエサにまで及ぶんですねー
やっぱエアコン必要だわーって思いませんか?
僕はMUSTだと思います。

d0004922_21505268.jpg
ヤドク飼いたいけどエサがなーって人は
とにかくまずショウジョウバエの培養を体験してみる事をオススメします。


ハエやプラコン、ウッドパッキンなどご入用の際は
SpringTailsさんがオススメです♪

という事で「第三回 ヤドクガエルは敷居が高いのか?」のまとめは

培地はスーパーフライがいいらしいょ♪
エサの安定にもやっぱりエアコン管理っ!




約束通り、今日も最後にヤドク画像を何枚か貼っておきますね♪
d0004922_22154378.jpg
このネオレゲリアとのコンビネーションもやばぃですよねw
ヤドクといえばブロメリアみたいな。
萌えますねー♪
d0004922_22155390.jpg
何このつぶらな瞳www
d0004922_22184722.jpg
サマージ様
d0004922_2219674.jpg
たまらんねw
d0004922_22191340.jpg
ラマシー様
こちらもいつか必ず飼いたいと思ってる憧れのヤドクです。


ひっさびさにブログ村復活させました。
もし宜しければぽちっとお願いします^^


にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by rough67 | 2016-01-20 22:50 | Vivarium
<< 第四回 ヤドクガエルは敷居が高... 第二回 ヤドクガエルは敷居が高... >>